放置している土地や庭の草刈りをして家庭菜園を始めよう

初めての野菜作りなら

草刈り

家庭菜園を始めるなら初心者からでも、安心して野菜を作ることができるシェア畑がオススメです。農地も道具も貸し出してくれますし、農業の経験者がサポートしてくれるので、ゼロから始められます。

もっと見る

野菜も個性を尊重して

芝生

野菜の育て方は野菜の個性によっても大違い。失敗なく作りたいなら、その個性に合わせて育てることが重要になります。デリケートな植物を育てるなら、まずは教わりながら作ってみてはいかがでしょうか。

もっと見る

庭の活用は菜園以外にも

住宅

家庭菜園だけでなく、ガーデニングもお庭を活用する方法です。大阪でも、こうしたガーデンリフォームが増えており、放置していた庭を様々なデザインで憩いのスペースに変えた家も多くあります。

もっと見る

無駄な部分を有益に使う

女性

遊んでいる土地や、放置して草だらけになってしまっている庭の区画などで菜園を始める人も増えています。こうした土地を利用するには、まず伸びきった草刈りを行なうことになります。菜園として利用する場合には、除草剤で枯らしてしまうわけにはいきません。土が死んでしまうので、作物を育てることができなくなるからです。土の総入れ替えなどする場合は別ですが、菜園のための草刈りでは除草剤の使用は控えましょう。草刈りを行なう場合、草刈り機でのカットや、雑草の根を切ることが必要になります。草をむしるにも、雨の後など地面が柔らかくなっていないと、硬い草は抜けないこともあります。しかし、天気を見ながら行なうのも正直面倒だと思ってしまうものですね。体力と労力をかけて行なえるのならば、元々草が伸びざらしになること自体ないでしょう。こうした場合には専門の業者に相談してみるのもオススメです。しかし中には悪質な業者もいるので、まず利用する草の始末方法に除草剤を使わないことを確認しておきましょう。その上で、場所単価なのか時間単価なのか、草の処分なども要確認が必要です。事前に剪定する必要のあるものや、どの部分の草刈りを行なうのかなどもしっかり相談することがオススメです。剪定して欲しくない部分まで刈り取られたら、元に戻すのは難しいでしょう。そのため、相談をしっかり聞いて打ち合わせをしてくれる信頼できる業者を探しましょう。キレイに草がなくなれば、地面を開梱して家庭菜園を始めることができるでしょう。