放置している土地や庭の草刈りをして家庭菜園を始めよう

初めての野菜作りなら

草刈り

野菜の価格高騰や、残留農薬が心配で家庭菜園を始めたいと考えている方も多くいます。しかし、家庭菜園をいざ始めるとなると様々な準備が必要になります。初心者としては、育て方の本や種、開墾用の農具や機械などを揃えなければなりません。しかし、何を揃えて良いのやら、自分が作りたいものをちゃんと作ることができるのかなど、初めてでは右も左も分からないものです。しかし、昨今では首都圏でもシェア畑を行なっている農園ができています。シェア畑とは、農地だけでなく、家庭菜園に必要なすべてを貸し出してくれるシステムです。手ぶらで通って、野菜の収穫まで可能なのです。無農薬栽培にもこだわることができます。また家庭菜園初心者に対して、育て方講座やサポートも行なっています。初心者なら、まずはシェア畑でやり方などを学ぶことをオススメします。やり方やコツを掴めば、自宅の庭で家庭菜園を行なうこともできるようになるでしょう。またシェア畑なら、週1程度のお世話でも十分に野菜が育つ畑が作られています。地下部分に貯水していることで、水やりの頻度を減らし、世話を楽にしています。また、代行依頼もできるので、忙しくても野菜作りが可能です。シェア畑なら、初心者や忙しい人でも初めての野菜を失敗せずに作ることができます。子供や家族と一緒に、野菜作りを行なってみてはいかがでしょうか。自分で作った野菜なら、野菜嫌いの子供も苦手を克服できるかもしれません。さらに自分で作ることでありがたさを知る情操教育にも向いているでしょう。